セラピストと患者をつなぐ、リンパ浮腫医療のプラットフォーム
ロゴ
写真

『医療リンパドレナージセラピスト』とは

『医療リンパドレナージセラピスト』とは、医師の診断および指示に基づき、患者さんやご家族への生活指導、リンパ浮腫保存的治療法である「複合的理学療法(Complex Physical Therapy) 」により、治療を行う施術者のことです。

『医療リンパドレナージセラピスト』の養成について

「複合的理学療法」の知識と技術を習得するための講習会を開催し、『医療リンパドレナージセラピスト』を養成しています。

■養成講習会…「初級講習会」「中級講習会」「修了試験」
■継続研修……「ブラッシュアップ講習会」「スキルアップ講習会」「上級講習会」「特別講習会」

講習会の講師陣は、MLAJ認定教師、フェルディ式複合的理学療法認定教師、心臓血管外科医、乳腺専門医、婦人科がん専門医、緩和医療専門医、臨床経験豊かなアシスタントスタッフなど、多岐にわたる専門家で構成され、質の高い教育を実現しています。

1000名を超えました

養成した『医療リンパドレナージセラピスト』は2011年に1000名を超えました。
2016年3月末日現在、累計1919名の『医療リンパドレナージセラピスト』を輩出しています。

養成講習会にて知識と技術を習得した、医師、正看護師、理学療法士、作業療法士、あん摩マッサージ指圧師の修了者は、全国各地の国公立病院、大学附属病院、がん診療連携拠点病院、開業施設において「リンパ浮腫外来」の中心的な存在として活躍しています。

あん摩マッサージ指圧師は、医療系国家資格として独立開業権が認められていることから、医師との連携のもと各々の開業治療室での施術、および在宅診療を中心とした活動で、医療機関への通院困難な患者さんに対しても心強い支えとなっています。