セラピストと患者をつなぐ、リンパ浮腫医療のプラットフォーム
ロゴ
写真

日本医療リンパドレナージ協会の活動

日本医療リンパドレナージ協会(略称/MLAJ)は、「リンパ浮腫」、及び「リンパ浮腫治療」について社会一般への認識を高めること、リンパ浮腫治療の施術を行う『医療リンパドレナージセラピスト』を養成し、リンパ浮腫の治療環境を整えることを目的として、2002年に設立されました。

「医療リンパドレナージセラピスト」の養成

リンパ浮腫治療における専門知識と技術を習得するための『医療リンパドレナージセラピスト養成講習会』を実施しています。
また、講習会を修了した医療リンパドレナージセラピストを継続的に支援するための『継続研修』を、定期的に実施しています。

「リンパ浮腫治療」の普及啓発

リンパ浮腫、及びリンパ浮腫治療について社会一般への認識を高めるための普及、啓発活動を行っております。
市民公開シンポジウムや学術大会を開催し、リンパ浮腫治療に関する普及活動を行っています。

「リンパ浮腫治療」に関する相談、情報提供

リンパ浮腫治療に関する相談を受け付けているほか、ホームページ・会報などを通して情報提供を行っています。
また、医療リンパドレナージセラピストが活動する全国の病院や診療所、開業施設について案内しております。(※案内できる施設については、サイト内「施設のリンク」ページからもご覧いただけます。)


リンパ浮腫に悩まれる多くの方々が安心して受けられる治療環境づくりを目指し、患者さんやご家族の肉体的、精神的苦痛を和らげ、ADL(日常生活動作)やQOL(生活の質)の向上を支援することが、日本医療リンパドレナージ協会の使命です。